5年

げんの発病から五年。




もう9歳、もうすぐ10歳。

本当に良かったヽ(´ー`)ノ


毎日毎日、今でも思い出さない日は無いし、毎日げんの体に紫斑が無いかチェックしてる。(苦笑)



旦那も毎日チェックしてくれてる。

人間変われば変わるもんだね。




犬が怖くて触れなかったのに。(笑)






しかも腹立たしい事に、げんは旦那にはすーぐ、くっついて、お腹ゴローンと出すから、旦那のがチェックしやすいのよね(-_-)



ちっ。









でも、ま、げんが元気ならそれでいーの♪



怖い記憶は消えない代わりに、その分、当たり前の日常に感謝出来るから。








5年経った今も元気に過ごしてくれてありがとう(*^^*)


来年もその先もずっと元気で居てね(^^)


スポンサーサイト

4年

4年前の今日、げんの病気が発病。


あの日の恐怖と絶望は4年経った今も全く変わらないんだよね。

病気の事を考えない日は1日も無い。

元々げんに関してはノイローゼだけど(笑)、でもただ怯えるだけじゃなくて、立ち向かおうとする勇気をくれるのも、げんだしね。

げんの笑顔、げんの寝息、げんの体温。

全てが愛おしい。


毎年誕生日とは別に意識する日が、うちの子記念日と、今日。

今日は全然嬉しくはないんだけど、それでも毎年この日を通過する事で、この先もげんの犬生が続いていける安堵感があるんだよね。



ずっとずっと一緒に居てね。


ぜ~~~~んぜん私の方に来ないんだけどさー(´・ω・`)(笑)

3年

げんの病気が発症してから今日で3年が経過。


今日まで無事に育ってくれてありがとう。
これからも健康で居てね☆




て、事でお祝いも兼ねて、3人でラン行って遊んでから、げんも一緒にランチへ♪





とにかく厨房から目を離さないで待つ!(笑)
1446541094344.jpg

前のめり過ぎやしないか?落ちそうだけど(^^;)


ジィーーっと待って・・・
1446540942061.jpg




来たーーーーー!(嬉しくて変顔)
1446541070481.jpg




でも、待てっ!(笑)
1446540883355.jpg



シ…シンドイっす(;´∀`)
1446540862913.jpg



この後は、もう夢中(*´∀`*)

ひたすらキラキラ顔で食べてた。




でも半分ね。

残りはお持ち帰り♪

げんは不服そうな顔してたけど。(笑)





私たちもランチ~
1446540837824.jpg
1446540827779.jpg
1446540819429.jpg




満腹、満足ヾ(*´∀`*)ノ

そうそう、ごはん前にげんの体重も測らせて貰ったら、6.45Kgだった。



100g増えた(^^;)

ま、誤差範囲って事でいっか・・・。(ダメか?)



折角のお祝いなので、ウマウマ食べたいもんね。

今日はいっか☆






その後、まだ時間があったら散歩も・・・と思ったけど、日が暮れてきちゃった。

日暮れが早くなったね~。



肌寒い日も多いしね。(私はちょうどいいけど~)






今日からもまた健康に元気に過ごせるように、免疫力が落ちないように、楽しい事いっぱいしよっ♪


最後に、ここ最近で一番のオモロ顔~(っ´∀`c)
1446540918799.jpg

デカックス・゜・(ノД`)・゜・

今日はげんの血液検査とフィラリア薬を貰いに行った。



げんを診てくれてる先生が開業したので、そこで初検査。


まず体重計に乗った瞬間に、先生と私で「あれっ?????」と声が出た\(◎o◎)/!





6.75kg・・・・・・・。


どーしよ。

犬生初のビックリ体重・・・・・・。




骨格的には6kgぐらいが丁度いいはずだから、いっても6.3kgぐらいだよね。

太り過ぎだね。


ごめんよ、げん。


丸くなったなー・・・とは思ってたんだけどさ。

洋服もパッチパチだなーーーとは思ってたんだけどさ。



体重計も持ってるのに測ってあげない私が悪いね(^_^;)





血小板数は27万あったので、取り合えず大丈夫。


ホッとした~。



このままずっと元気で居てね。

あ、その為には、ダイエットしないとね(;´Д`)




お腹のサプリを1つ追加して、多分半年超。


これが効いてるのか、ストレスが少なくなったからか、そのどちらもなのかは不明だけれど、腸内環境が今の所安定している。

それによって吸収率も良くなってくれて、太れるんだろうな。

7歳を過ぎて中年になって来てるのもあるんだろうね。


ま、増える分には、食事の調整をすれば良いからね。

太らせたいのに、お肉にならない方がとっても大変(^_^;)




げんげん、ダイエット頑張ろう!!!(お前こそな!)

2年

11月4日(火)、ゲンが血小板減少症を発病してから、2年が過ぎた。



現状は断薬状態で、症状が落ち着いているので、どうかこのままず~っと寛解状態でありますよーに・・・と毎日願ってる。

不思議なもので、こんなに今は元気なのに、「忘れる」と言う感覚は無い(^_^;)



怖い気持ちと安堵が日々入り混じるんだけど・・・


でもま、基本はゲンが元気にニコニコしててくれれば、特にそれ以上でもそれ以下でも無いのよね☆






また、来年も再来年も、この先ず~っと笑顔のゲンと過ごしたい♪

寿命に怯える事も多々あるけれど、それ以上にやっぱり、どのぐらい濃い時間を共有出来たのか、って事で犬生を全うして欲しいな、って。



一緒に頑張ろうね、げん♪

血液検査&フィラリア検査

梅雨入りして雨ばかり(^^;)

梅雨の晴れ間にドッグランへ!!と行ったけど、着いてすぐに雨。




時計を見たら、まだ病院の午前中診療に間に合うなぁ・・・と思って、急遽病院へ。


病院が空いてから行こうと思ってたら、こんな時期になっちゃったけど、フィラリア検査へ。





でも、やっぱ気になるのは、血小板数だよね。。。


丁度、断薬してから1年が経過した。




でも、まだ1年。

やっぱずっと気になるし、あの怖い感覚を・・・忘れて過ごす日は1日も無いんだよね(^^;)






で、検査結果は、大丈夫♪

犬の血小板数の基準値が、20~40万なんだけど、げんの結果は35万6千。



ホッとしたー。



今日は病院行くつもりじゃなかったから、朝ごはんあげちゃってて、食事の影響がない検査だけ受けた。


げんには可哀想だけど、数ヶ月後に、また詳しい検査受けよう。

計画性のないママでごめんよー。





げんは、今日もこの世の終わりみたいな顔しながら待機して、先生にビビリション引っ掛けて・・・体重が過去最高の6.4Kgと判明し・・・かなりショックを受けたけれど、血液検査の結果そのものは元気の証貰って・・・・・・帰宅。


体重は、去年の今頃は・・・5.1Kgだった。

今年の1月が、5.9Kg。。。


今は、6.4Kg・・・。

もう、これ以上増えちゃダメ(>_<)

150gダイエットしよう!マジでー!!!





そして、帰りに再度ラン寄ったけど、雨がすごくなっちゃって入るのはやめて、休憩所でワン友ママさんと話をして帰宅。





昨日は花の丘公園に散歩行けたし、今日は少しでもラン行けたし、梅雨だけど退屈はしないで過ごせてるかな?


家の中でのオモチャ遊びも良いけど、やっぱランで遊ぶのが一番楽しそうだからなー。




明日は降らないといーなぁ。。。

げげげ!!!

今日もランでマッタ~リと遊ぶ。



ワン友ママさんに撫でて貰って嬉しそう☆

お腹出してゴローン・・・となったら・・・あれ?内腿に何か見える!?



近付くとポチッと紫斑が・・・


そのまま病院へ。




血液検査して貰い・・・結果を待つ。。。



結果は問題無し!!

よ・・・良かった・・・。




紫斑もその部分以外、とりあえず見当たらなかった。


発病時には全身に出てたもんね。。。


パッと見は目立たなかったけど、毛を掻き分けたら、全身に細かい紫斑があったから・・・。




ううう、良かった(感涙)

怖かったー(涙)






問題ない事も分ったし、そのままランへ戻った。


ゲンはヒャッホーイ♪と嬉しそうにしてた(^^)




そして、白犬のヤマト君と追いかけっこしたり、ワンプロして遊んでた☆(珍)

ただゲンが興奮して来て段々しつこくして、しかもマウントも激しかったから止めさせた(^^;)



ママ命(のはず)だから、バイバイ☆と言えば着いて・・・来ない(爆)


ママ<<<<<<ヤマト君






あっそう・・・。



そして家に着いてからも興奮冷めやらず・・・ヌイグルミに激しいマウントを30分以上もしてた・・・。


恐ろしい・・・。






オシマイ、とコマンド掛けてヌイグルミを諦めさせたら・・・ようやく寝た(^^;)

夕食までは爆睡☆





あーーー、でも元気に楽しく遊んでくれるのが一番だ~。


良かったよー。

1年

去年の今日・・・ゲンの血小板減少症が発覚した。




目の前が真っ暗で、ゲンを失うかもしれないと思って涙が止まらなかった。


あの日から1年。。。





早いような気もするし、遅いような気もする。。。


何より私の記憶の中にはまだ鮮明で。



この1年の間にも、再発か?!と肝を冷やした日も何度かあったし・・・


常に考えちゃってるのは間違いない(^^;)




でもね、やっぱりゲンが生きる事を頑張ってくれて、今もその温もりが腕の中にあるって事は何にも変えがたいし、感謝してる。


色んな人に助けられて、励まして貰ったり、力になって貰ったり・・・


ゲンが繋いでくれた縁も深く感じた時だったなぁ。





だから今日と言う日が、これから先、何年も何年も重ねられるように、ゲンの健康と幸せを守りながら、一緒に楽しく暮らすんだ♪








今日は午後には雨が上がったから、ゲンと一緒に公園に散歩へ。


多少濡れちゃうのは仕方ないかなー(足短いし・笑)と思ってタオル持って出掛けたけど、ほとんど濡れなかった。

良かった~。


水はけ良くって(^^)






ゲンは楽しそうにニヘニヘ笑いながら、散歩を楽しんでた。


私もそんなゲンを見ながら一緒に歩く。




去年を思えば、どこまででも歩いて行ってあげたい気分。笑


つい嬉しいもんだから、ゲンに話し掛けながら歩く頻度が増えて、周りの人がギョッとする場面多数(^^;)




へ・・・変な人じゃないからね・・・(多分)



ま、げんが楽しそうなら、私は変人だと思われてもいーしね☆









お散歩終えて、家に戻ったらゲン爆睡(^0^)


良かったー。

満足したのね♪♪♪




夕ご飯までゆっくり眠れー☆

怖い!!!!!!

ゲンは今朝から食欲も出てきて・・・落ち着いてきたのかと思ってホッとしていた。



午前中は雨だし・・・午後の診察で良いかな~。


炎症反応とか調べて貰いたいし、レントゲン持参して、腰の状態診て貰いたいしー。




なぁんてノンビリとしてた。


朝イチでしたウンチが、ちょっと粘着きのある感じで、形は綺麗だけど、ちょっといつもと違うなぁ・・・なんて思ってほぐしてみたりした。


でもまぁ血便ぽい感じじゃないし、大丈夫かなー?なんて思って、トイレに流す。




その後なんとなく気になって、ゲンをゴローンて仰向けにして身体チェック☆


ゲンはニヘニヘしながらウネウネしてる。





あは。げんげーん♪ 可愛い~♪

ちょっと見せてねー!



ちょっと・・・ちょっと!!!!!!!!





何?!右わき腹と、脇の下付近に紫斑がある!!!!!!!


嘘!やだ!!!!!!




嘘ー!!!!!!!


再発?!?!




何度見ても紫斑だと思われる痣が・・・。






内腿、背中、耳の中、歯茎全部見る。


取り合えず、今確認できるのはこの場所だけだ。






目の前が暗くなって・・・動揺が半端無い・・・。



ばか、落ち着け!

早く支度して・・・病院行かなきゃ!!!(涙)






そして支度を始めた私を見て、どこか行けるの~?ってウキウキしてクルクルしてるゲンを見ると・・・涙が溢れる。


マッハで着替えて、恐ろしい事にノーメイクでマスクだけして、ゲンをバスタオルで包み、木曜に貰っていたレントゲンや書類を持って・・・家を出る。






車にそっと乗せて・・・ゲンは楽しそうに窓開けて~♪って訴える。



「げんげん、ごめんね、雨・・・降ってるし、打ったら危ないからダメだよ。」って言う。


分ったのか分らないのか・・・ゲンは大人しく座って窓の外を眺めていた。







向かう道中も涙で前が見えない。


怖いよ~・・・。




ゲン・・・ゲン~・・・。







病院に着いて、涙で真っ赤な目をした私の顔を見て・・・看護婦さんがギョッとする。(ノーメイクだし・・・)


呼ばれるまでゲンを抱き締めながら不安な気持ちで待つ。





そしていつもの先生が呼んでくれて・・・診察室へ。


先生は木曜のお腹の件だと思ってるから、のんびりと「その後どうですか?夜間行かれたんですよね?(FAXで知らせがあるから分る)ゲン君大丈夫ですか?」




私は動揺して支離滅裂・・・。


「お腹は大丈夫・・・かも知れなくて、あ、でも、レントゲン車に忘れて来てて・・・取りに行くので・・・それで・・・」


「どうしました???」不審に思った先生が聞く。





「そ・・・それよりも・・・お腹に・・・右わき腹に・・・し、紫斑・・・紫斑みたいなのがあって・・・」




先生の顔付きも変わって、すぐにゲンの右わき腹を見る。





「・・・・・・確かに、これは紫斑・・・ですね。」





涙が零れる。。。


「木曜の血液検査では充分な血小板数あるので・・・他の場所も見てみますね。」





先生がジックリとゲンの体中をチェックしてる。



私は動揺していて・・・あまり覚えていない。。。





その後に先生が「今からすぐに血液検査して調べますので、大丈夫ですよ。今、診た所・・・右わき腹にしか紫斑がないので・・・ひょっとしたら、皮下注射で入れた液によって起こってる可能性もあるので・・・すぐ調べます。」と言われたので、ゲンを預ける。。。




待合室に戻ると・・・女の人が号泣してる・・・。


私もその人のひとつ隣に座る・・・。




勿論、私も号泣してる。。。






右側がワンコゾーン(一応)、左側がニャンコゾーンになってるんだけど、ゲンが今日はたまたまこっちで呼ばれたから、私もそこに座った・・・。




右側は結構混んでて・・・左は女ふたり号泣してるから、後から来た人もみんな右側行っちゃう(^^;)







少ししたら血液検査を終えたゲンが戻って来る。。。


ゲンが尻尾振ってる姿見て・・・私がゲンを抱き締めたら、その女の人は・・・更に泣き出してしまった・・・。




席、替えた方が良いんだろうけれど・・・もうあっちは満杯で座れない。。。





そのままゲンを抱っこして・・・不安な気持ちのまま結果が出るのを待つ。


女の人の元には、猫ちゃんが来ない。




獣医は全部現場に居るから手術中でも無さそう・・・。


きっと・・・見送った所・・・なんだろうな・・・と察する。。。




愛しい子がもう戻らない・・・耐えられないよね・・・。


そう思うと、私もまた涙が零れる。。。





暫らくするとキャリーに入って・・・温かい毛布とタオルに包まれた猫ちゃんが、その女の人の所に帰って来た。。。


ママの所に戻れて良かったね。




でも、もうその温もりに出会えないなんて・・・悲し過ぎる。








ゲンを抱き締めながら結果を待つ。


先生に呼ばれて・・・診察室の中へ。




さっき渡しそびれたレントゲンを渡す。



それをジックリ見てる先生。







いや、もう・・・無理だから・・・早く結果教えてー。涙





そして・・・血液検査の結果、異常なし。


血小板は減ってない。



貧血も起きていない。


炎症も治まってた。







もう言葉が出なくて、ゲンを抱き締めて撫でる。


良かった・・・その言葉が出るまでに・・・時間が掛かっちゃった。。。







そして先生がレントゲンの話を。


レントゲンを見る限り、ヘルニアの所見は無いって。




若干狭くなってる場所があるみたいなんですけれども?と聞くと、「う~~~ん・・・大丈夫だけどなぁ・・・」って。



もし仮に腰が痛いとしても、ただひねっただけでヘルニアじゃないですね、って。






もうWで拍子抜け・・・。(良い意味でね)






「ただ今回は、お腹が痛かったんでしょうね」


「今朝の便の様子を聞いても、ひょっとしてこれから、十二指腸、小腸、大腸と炎症部分が下がって来て、便が緩んだりする可能性はありますね。」


「胃は嘔吐が止まってる段階で大丈夫だと思いますので、このまま腸を保護する薬は今日追加しますね。」






「ありがとうございます。もう・・・お腹も心配だけど・・・再発なんじゃないか?って思って怖くて・・・。本当に良かった・・・。」


と、ここで私も笑顔に。






そしてホッとして冷静になったら、ノーメイクな自分が、どうにもこうにも嫌になり・・・(^^;)

車に乗って鏡見たら、ある意味「あれ?私・・・ブスだと思ってたけど、こんなに酷かったっけ?!?」って言う位ヒドイ顔だった(^^;)爆


泣き腫らして目はブヨブヨだし、顔は土気色だし・・・眉毛無いし・・・目だけ開いてるマスクがあったら良いのに!って真剣に思った。。。



目出し帽じゃ怪しいしね・・・。








だけど、ほんっと~~~~~~~に良かった!!


もう怖くて怖くて・・・。



あ~~~良かった!!!!!!







でも先生から念の為、ここ2週間ぐらいは何気なく身体のチェックして、紫斑が増えないか見て下さいね、何かあったらすぐ連絡を!って言われた。



心の中で、大丈夫ー!!もう鬼の様にチェックするからーーーーーーー!!!と思った。








げんげん~。


病院続きで怖かったね。




よく頑張った!ありがとう。


無理せず、ゆっくり過ごして、体調完全に戻そうね☆

夜間救急2

27日(金)

仕事から帰ってゲンをケージから出してあげる。

いつも通りひとしきり喜んだ後に、ウンチスタイル。



その間にフードふやかし・・・と思ったら、悪臭が鼻をつく。

いつもとウンチのニオイが違う。


ゲンはトイレしてる所見られるのが嫌いだから、普段は違う部屋(って言っても続き間だけど)に居るけれど、ゲンの側へ行ってみた。




2本ウンチしてる。

なのに、まだ踏ん張ってる。。。



あれ?大量過ぎない?と思って、そのまま見守る。


3本目のウンチは、ちょっと軟便気味。



スッキリしたゲンは、うんこ3本置いて違う部屋へ・・・。






私はウンチを片付ける。


1本目。いつも通りの硬さ。異常無し。でも臭い。

異常発酵?と思いながら、2本目。



あれ?うんちの周りに血が付いてる?!

硬さなどはいつも通り。ニオイは異常。



3本目。

シートから持ち上げたら形はあるけど、やはり軟便気味。

そしてシートにベッタリと血が付着。





げげげ!!!

これは変だ。


通常なら大腸炎?



だけど、去年の11月が頭の中で浮かぶ。

同じ様に下痢した後に発症した。(因果関係は無いけど、トラウマなの^^;)




そして青くなりながらボンヤリしてたら、ゲンがまたウンチスタイル・・・。


やっぱり症状は大腸炎だ・・・。


だけど、原因が浮かばない。




ご飯も同じもの。

オヤツも同じもの。

拾い食い・・・考え難い。でも室内のものでウッカリは自信ない・・・。

留守番のストレス?いつも留守番してくれてるけれど・・・。




だけど前日の夜にしたウンチもニオイがきつかったし、オナラもしていた。。。

て、事は前日から腸内環境崩れてた?




てか、とにかくどうしよう!


頭の中で色々思い出してる間にゲンが軟便をし終わった。


やっぱり血が付いてる。






もしも、再発していて、消化器からの出血だったら・・・のんびりしてられない。。。

再発してないと知る為には血液検査が必要。。。



だけど、かかり付け病院は休診日。おまけに夜だし・・・。




そして旦那もほどなく帰宅。

再発だったら怖い・・・と、夜間救急へ行く事に。




まずは連絡して診療予約。


で、何故か前回(多分1月ぐらい)と同じ受付の女性だったらしく覚えててくれた。

しかも若干笑ってる・・・。


そんなに前回、印象的でした?(^^;)




多分・・・きっと・・・いや、絶対? 世の中には私以上のノイローゼも沢山居ると思うんだけども・・・。





まぁいいや。

今はゲンの症状を知りたいから・・・。





そして旦那と一緒に錦糸町へ。


すぐに診察室に呼ばれて、診て貰う。




まずは、やはり予想通り・・・大腸炎でしょう、と診断される。



2回目にした軟便は持って来たから、糞便検査も行なう。

粘膜付着あり。 ウイルス細菌無し、寄生虫無し。 でも腸内細菌バランスは崩れてるらしい。



そして再発に関しては・・・大腸炎との因果関係は薄いと思うし、血小板減少症で紫斑や鼻血など無く、消化器系からまず出血し始める、と言うのは少ないと説明を受ける。


で、その上で・・・先生が「なので、血液けん・・・」ぐらいで、鬼かぶせて「やって下さい!お願いします!」と言う。


先生も「そうですね。ご心配でしょう・・・。」




心の声(いいの。ノイローゼって思われても・・・。)




そしたら先生が、血小板以外にも詳しい血液検査にしましょうか?と。


是非そうして下さい!!と、鼻息ふんがふんがとなるぐらいの勢いで被せた。笑





そして、私にしがみついてたゲンを先生に預けた瞬間・・・ゲンが「ぴぃっ!」って今まで聞いた事の無い声で鳴いた。。。



ごめんよ・・・、怖いよね・・・。

頑張れ。。。と心の中で応援(?)して待合室へ。





で、旦那と一緒に待つ事・・・1~2分。


ゲンがニコニコしながら戻って来た!





げぇーーん!良く頑張ったね!!さぁ!ママが抱っこしてあげるぅ~~!!と両手を伸ばした瞬間・・・旦那の膝に飛び乗った・・・。




えええ?! 私可哀想じゃない?!(涙)


この広げた腕はどこへ行けば・・・





チラッと先生を見たら・・・笑いを堪えてる・・・。

なんだよ!笑えよ!チッ。




旦那はゲンに「げん、大丈夫?いいこいいこ~」とか話し掛けてる。




そして先生が「今、血液検査後の出血の止まり具合も問題ありませんでしたよ。結果が出るまで30分ぐらいお待ち下さい」って。


「ありがとうございます!」と言って、そのまま旦那にベッタリとヘバリ付いてるゲンのお尻を撫でる。




こっち向かねーし!


そうよね、怖い場所に連れて行って、オレを知らない人に渡したママだもんね(=_=)

怒ってるがいいさ。。。






そして15分後ぐらいかな。結果が出たと呼ばれた。


まずは・・・異常なーしっ☆




良かった~~~~~~~~!!!ホッとしたーーー!




血小板数、良い数値だったー!!!


そしてそれ以外の肝機能、腎機能、総蛋白、電解質、その他モロモロ・・・全部正常だった。




先生が・・・「長期ステロイド服用していたのに、肝数値が正常なのはすごいね」って。

私も「そうですね。何故か服用中でさえ、正常値内だったんですよ。」と伝える。



なんか良く分んないけど、テンション上がるぅー。





そして「では、血小板にも異常なかったので、このまま大腸炎の治療に入りますね」と。


注射を1本打って貰う。




「ビックリしない様に声掛けててあげて下さい~」って言われたので、「注射の痛みに鈍いので気付かないかも・・・。笑」と言ったら、本当にゲンは気付かないまま終了。

先生も「あっ、本当だー。笑」って。






そしてホッとして明るい気持ちで旦那の元へ。


旦那もホッとして、帰る前に・・・と、トイレに行った。





そしたら、ゲンが後を追って、キュゥンキュンキュンキュンキュン・・・と鳴いてる。。。


すぐ戻って来るよ~・・・って声を掛けながら待つ。




旦那の姿が見えた瞬間に小躍りして喜び出す。


げんげん・・・なんて可愛いの。。。




でも、ジェラシー・・・。






勿論、そんな様子は受付の女の人にも先生にも見えている。



で、会計してると、またゲンがピュンピュン鳴き始めた。

受付のお姉さんが「あら・・・。ママを呼んでますね~」と言うので振り返ったら、全然私の方見てなくて・・・外に出たい!出たい!!と旦那に訴えてるだけだった・・・。




お姉さんも、言ったものの・・・アッ、違う・・・と思ったのか、なんとなく気まずい雰囲気に・・・。



ここは明るく「いや~、私の事なんて呼んでないんですよぉ~。笑」と言ったら、「病院ですもんね。早く出たいですよね」と、慰めてくれた。。。




そして会計も済んで、先生とお姉さんにお礼と挨拶を言った。


ここの病院は2階で急な階段なので、ゲンを抱っこしてあげようと思って、「げん~!お待たせ☆イイコだったね。帰ろうね!はい、抱っこ~~」って言ったら・・・



旦那に抱っこ~~~と抱き付いてた・・・。



え?!また???


この私の広げた腕はどうすればいいの・・・・・・???





で、なんとなく先生をチラッと見たら・・・もう堪えられなかったみたいで笑ってた。笑


いいよー、笑えよ~~!むしろその方が有難いわー!!!爆






結局ゲンは旦那にちんまり抱っこされて病院を後に。。。



行きの車内は不安で不安で仕方なかったけど・・・帰りはホッとして帰宅。







ゲンはそのまま絶食させて就寝。


だけど、夜中も気になって、ウンチしに行ってないか何度も起きちゃった(^^;)







そして、昨日の朝イチでいつもの病院へ。


いつも診てくれてる先生が休診日だったから日曜に行こうか迷ったけれど、血小板減少症の治療じゃないし、早めにゲンのお腹治してあげないと可哀想だし・・・と思って、行った。




そして着いて受付で昨日の経緯を伝え様としたら、「FAX入ってるので大丈夫ですよ」と言われた。


ああ、そうか。連携病院だもんね。






そして、その場で新鮮便を取って貰って糞便検査。


昨日と同じ内容だったけれど、やはり便の中の白血球数が上がっていて、炎症症状があると言われ、注射を1本打った。



注射に鈍いゲンだけれど、連日打たれて痛かったのか、打ってる間中・・・先生の事ジィっと見てた(^^;)





まぁ鳴く訳でも怒る訳でも無いんだけど・・・ジィっと見てた(^^;)









そして腸炎になると、病院で毎回言われる消化器系用のフード。。。



「今あげてるフードは一旦休んで、数日間はこのフードあげてみて下さいね。」と言われた。


抵抗があってあげた事ないんだけど・・・でも今回は原因が私の中ですぐに思い当たらないし、今与えてるフードは脂質が多くて、軟便になってる時には適さないと思うから・・・試しに1Kg購入して来た。





そして病院から戻って薬と一緒にまずは20g




旦那は「ゲンが心配!」(夜間救急に行って、眠いからだと思うけど・・・)と有給を取った。


だから私は仕事に行って大丈夫、なんかあったら連絡するから!って言われるんだけど・・・なんか解せない。




だって、朝イチで病院連れて行ったの、わたしだよ?

その段階で私は会社は遅刻だよ?


むしろ私が休むからお前が仕事行けよ!と思ったけど、土曜日だし、急ぎの資料作成もあったりして休めないのもあったから・・・旦那に、ご飯のあげ方・薬の飲ませ方など伝えて、でもだけど・・・とっても不安な気持ちのまま・・・ゲンを預けて出勤。。。







勤務中も大丈夫かなぁ・・・と携帯ばかり見ちゃった。。。


16時ぐらいまでの段階で連絡無かったから、まぁ排便は止まってるんだろう・・・と思って、仕事に集中する事にした。(遅ッ!!笑)






そしていつもより早めの19時には仕事上がった。


車に乗ってすぐに旦那に電話。



ゲンの様子を聞く。


便は止まってるって。あー良かった。





と、思いながら帰宅したら、私と電話してる間に1回ウンチしたよ、って言われた。


マジ?ちょっと早いかな?と思ったけど、消化器系フードだから消化が早いのかな?と思って便の様子を聞いた。


「量は?」 

旦那「量は・・・1回分。」


「そっか。じゃあ硬さはどうだった?」

旦那「うーーん、形はあるけど・・・少し柔らかいって言うか・・・」


「軟便って事?」

旦那「いやぁ・・・軟便じゃないけれど・・・」



「ニオイは?変な匂いとかしなかった?」

旦那「あー・・・・・ニオイ・・・は、別に・・・うん、普通・・・」



心の声(どっちだよ!!!!!!だから、見て貰うの不安なんだよっ!!!!!!怒)


心の声(殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!殺害!)




「あっそう、分った。ゲンは元気っぽいし、私、明日は休みだから・・・様子見るから良いわ・・・」と、言ってゲンの夕ご飯の準備。





ゲンはご飯♪と分って嬉しそうにクルクルしながら「ごぁん~~ごぁーーん♪」って言ってた。


そして暫らくふやかしてから、薬と青パパイヤを混ぜてあげる。




ゲンは嬉しそうに食べてて・・・まぁゲンが良いなら・・・数日だし良いか・・・。




そしたら、食後もウンチした。


え?また?やっぱりまだ不調?と思ってみたら・・・親指の先ぐらいの小さなウンチ・・・。




オヤツ目的だろ?笑


オヤツは暫らく禁止!!!ごめんよ。





だけど、その便自体は、量は少ないけど固まってて軟便じゃなかった。


便臭も異常発酵臭は無し。



だけど、飲水量は、いつもよりも多めかな?やっぱりまだ腸内に炎症あるんだろうね。。。






そして、ゲンの症状が落ち着いて来たのかも・・・と、ホッとした所で、前日の不安と緊張と寝不足、そして仕事の疲れでソファーに転がったまま爆睡。



気付いたら夜中の1時30分(^^;)






ゲンは私の側で寝てた。


きゅーーん。やっぱりママを好きで居てくれるのね!ありがとう~~。




そして眠くてポワーッとしてるゲンを起こして寝室へ。













今朝、目覚めて・・・6時30分頃にゲンがウンチ。


ドキドキしながら見ると・・・メッチャ小さいウンチ。



しかも細切れ・・・。




えええ?と思いながら、便の観察。

硬さはOK。便臭もOK。量だけが極端に少ない。





消化吸収が良いのかな。。。


おまけに昨日は食事量もダウンしてあげたから余計硬くてポロポロのウンチになっちゃったのかな。



でも旦那が取ったウンチは、同じフード食べてても、固まってない部分があった訳だから、そう考えれば、落ち着いて来たのかな。。。





そして、その後1時間後ぐらいに朝ご飯。


食後にまた排便。





同じ様な便で、量は朝の半分ぐらい。


食べるものによって、こんなに変わるのね。。。







そして今の所、飲水量は通常と同じかなぁ。。。


まぁまだ9時ぐらいだから、この先は分らないけれど。。。





今回の大腸炎・・・一体何が原因なんだろう。。。


分らないってのがやだなぁ。。。




ストレスとか季節の変わり目とかそういう曖昧なのが不安。。。


だから今回は思い切って同じ生活環境で、フードだけが変わったらどうなるんだろう?って思ってね。




今の内に、フードの脂質が控えめで、内容も納得出来そうなものを探さなきゃ。


またフードジプシーになりそう(^^;)




ティンバーはいいフードだと思うんだけど、ふやかすのに40分以上掛かるから・・・多分消化の面では、負担が掛かりやすいのかも。


胃腸が丈夫な子には何て事無い良いフードなのにね。



個体差はある・・・って事、私が認めないとツライのはゲンだもんね。








あ~、折角の良い天気でお休みだけど・・・今日はゲンをのんびりと休ませてあげなきゃね☆


私は洗濯とか掃除とかするかー。
プロフィール

げんママ

Author:げんママ
Mダックスのげんです♪

2008.2.28生まれ

若さ溢れない(?)日々を過ごしてます。

好きな言葉は、「ご飯」と「オヤツ」(笑)


お腹が空くと「ごぉはぁ~~ぅうん」と鳴きます。

これを言っても誰も信じません・・・。
でも、言います。笑

そんな食いしん坊主です♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク