スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これか?これなのか??

もう、すっかりホットカーペットが手放せないぐらいになってきた。


今年・・・残暑あった?

あんま記憶無い(^^;)





ゲンの体調は、パッと見落ち着いて来た。

でも、腸内環境戻るのに時間掛かるから・・・まだまだ安心出来ない。(ノイローゼ・笑)





て、言うか・・・・・




あのぉ~~・・・犯人分っちゃったんですけどぉ?(懐かしのケイゾク風で!笑)







先月、大腸炎。(元気)
今月、胃腸炎。もしくは軽度の膵炎。(グッタリ)



原因が「何かのストレス」っていう曖昧なものが不安で仕方ないんだけど・・・

その『ストレス』分っちゃったかも。







工事音だ(^^;)


今、マンションの横で家を作ってて・・・





毎日カンカンカンカン、ガァァーーーン(なんか鉄板を落とす様な音)が鳴り響いてる。


私は特に気にしてなかったんだけど・・・




ゲン、怖いみたい(^^;)





それに気付いたのは、本当に数日前。


家に居たら、ゲンが抱っこ抱っこ・・・って来る。




最近、なぁんか昼間にこういうの多いなぁ・・・家で抱っこなんて珍しい・・・




具合悪い?

眠い?

甘えてる?



でも眠い&甘えてる、は、室内でほとんどしないゲン。。。

撫でられるのは好きだけど、抱っこは嫌いだからなぁ。





なぁんで抱っこ?


もぉ~♪甘えてぇ~~♪♪♪



なんて浮かれてたんだけど・・・・・・







ただ怖いだけだった(^^;)





今朝も工事が始まった瞬間に飛び起きてワンワンしてたし・・・。


その後は嫌がりつつも私にピッタリくっついて寝始めた。。。






そっか・・・昼間の留守番中・・・この音が響いてるんだよね。


それはゲンにとっては、何の音か分らないから・・・怖いよね。






花火や雷の後に、お腹の調子が悪くなる事は今まであったけど、工事音もアウトか・・・。


要は得体の知れない音が怖いんだね(^^;)







あの音・・・いつまで続くのかなぁ。


よくよく考えて見たら、工事音がし始めたのが、ここ1~2ヶ月ぐらい前から。




前回の大腸炎ともピッタリ被ってる・・・。


なんで、気付けないんだ!私。





ゲン・・・ずっとひとりで長い留守番中・・・怖かったろうな。。。


早く工事終われば良いのにー。




せめて大きな音がする部分だけ早く終わって欲しいなぁ・・・。







音にビビって、また体調崩したら可哀想だなぁ。。。


仕方ないんだろうけど、可哀想(>_<)






私が休みの日は、日中はどっか違う場所に避難してあげよ~っと(^^;)
スポンサーサイト

ウキウキ☆

なんか・・・ゲンの具合が悪いブログばかりになっちゃって・・・記録の為と言えど、気が滅入るので・・・ちょっと前に行った公園と、ケーズドッグの写真を♪




いつだったか忘れちゃったけど・・・多分、先週の火曜?あれ?先々週の火曜かな?(^^;)


旦那とゲンと四街道の運動公園に行った♪





ゲンは旦那と一緒でメッチャクチャ嬉しそう☆


KIMG0289_convert_20131026200335.jpg





ねぇ、ふたりで、どんどこ行っちゃうんだけどー!!!!!


足が痛いー(>_<)




ちくしょう・・・まぁまぁ涼しい日だったのに、歩いたら汗だく・・・。(^^;)




ノド渇いたー

お腹空いたー!!と訴えたら、旦那がじゃあゲンも行けるトコ行くか?って。




わーい♪じゃーケーズが近いよ☆とケーズに決定(^0^)







ゲンは・・・ほらね?もう期待してるぅ~(^m^)

KIMG0296_convert_20131020080947.jpg





だけど、ごめんね。

腸内環境整うまで・・・お預けね・・・。






旦那はクラブサンド。
KIMG0297_convert_20131020080735.jpg



私はウイークリーメニューの・・・チキンのクリームなんとかを頼んだんだけど・・・。

ある意味、斬新なお味で、結構ビックリしてしまい・・・・・写真は無し(^^;)




てへ。




次は私もチキンのサラダのか、クラブサンドにしよ~っと。


その前来た時にチキンの食べて、バルサミコ酢うんめぇー♪と思って、今は家でも大活躍ちゅーだし☆







バルサミコ酢で作るキンピラ美味しーよ(^0^)

人参多めのが更にウマー。




最近の旦那弁当の定番~☆


根菜と牛肉のバルサミコ酢炒めも私的にメッチャヒット~♪




お酢って美味しいね☆

昔は嫌いだったのに嘘みたい。




味覚って変わるね☆







てか、やっぱゲンと一緒に過ごす時間は宝物だなぁー。


ゲンの笑顔に勝るものなし♪





明日は晴れみたいだし、ちょこっと気晴らしに・・・負担が掛からない程度に散歩行ってあげたいな(^0^)/

怖い!!!!!!

ゲンは今朝から食欲も出てきて・・・落ち着いてきたのかと思ってホッとしていた。



午前中は雨だし・・・午後の診察で良いかな~。


炎症反応とか調べて貰いたいし、レントゲン持参して、腰の状態診て貰いたいしー。




なぁんてノンビリとしてた。


朝イチでしたウンチが、ちょっと粘着きのある感じで、形は綺麗だけど、ちょっといつもと違うなぁ・・・なんて思ってほぐしてみたりした。


でもまぁ血便ぽい感じじゃないし、大丈夫かなー?なんて思って、トイレに流す。




その後なんとなく気になって、ゲンをゴローンて仰向けにして身体チェック☆


ゲンはニヘニヘしながらウネウネしてる。





あは。げんげーん♪ 可愛い~♪

ちょっと見せてねー!



ちょっと・・・ちょっと!!!!!!!!





何?!右わき腹と、脇の下付近に紫斑がある!!!!!!!


嘘!やだ!!!!!!




嘘ー!!!!!!!


再発?!?!




何度見ても紫斑だと思われる痣が・・・。






内腿、背中、耳の中、歯茎全部見る。


取り合えず、今確認できるのはこの場所だけだ。






目の前が暗くなって・・・動揺が半端無い・・・。



ばか、落ち着け!

早く支度して・・・病院行かなきゃ!!!(涙)






そして支度を始めた私を見て、どこか行けるの~?ってウキウキしてクルクルしてるゲンを見ると・・・涙が溢れる。


マッハで着替えて、恐ろしい事にノーメイクでマスクだけして、ゲンをバスタオルで包み、木曜に貰っていたレントゲンや書類を持って・・・家を出る。






車にそっと乗せて・・・ゲンは楽しそうに窓開けて~♪って訴える。



「げんげん、ごめんね、雨・・・降ってるし、打ったら危ないからダメだよ。」って言う。


分ったのか分らないのか・・・ゲンは大人しく座って窓の外を眺めていた。







向かう道中も涙で前が見えない。


怖いよ~・・・。




ゲン・・・ゲン~・・・。







病院に着いて、涙で真っ赤な目をした私の顔を見て・・・看護婦さんがギョッとする。(ノーメイクだし・・・)


呼ばれるまでゲンを抱き締めながら不安な気持ちで待つ。





そしていつもの先生が呼んでくれて・・・診察室へ。


先生は木曜のお腹の件だと思ってるから、のんびりと「その後どうですか?夜間行かれたんですよね?(FAXで知らせがあるから分る)ゲン君大丈夫ですか?」




私は動揺して支離滅裂・・・。


「お腹は大丈夫・・・かも知れなくて、あ、でも、レントゲン車に忘れて来てて・・・取りに行くので・・・それで・・・」


「どうしました???」不審に思った先生が聞く。





「そ・・・それよりも・・・お腹に・・・右わき腹に・・・し、紫斑・・・紫斑みたいなのがあって・・・」




先生の顔付きも変わって、すぐにゲンの右わき腹を見る。





「・・・・・・確かに、これは紫斑・・・ですね。」





涙が零れる。。。


「木曜の血液検査では充分な血小板数あるので・・・他の場所も見てみますね。」





先生がジックリとゲンの体中をチェックしてる。



私は動揺していて・・・あまり覚えていない。。。





その後に先生が「今からすぐに血液検査して調べますので、大丈夫ですよ。今、診た所・・・右わき腹にしか紫斑がないので・・・ひょっとしたら、皮下注射で入れた液によって起こってる可能性もあるので・・・すぐ調べます。」と言われたので、ゲンを預ける。。。




待合室に戻ると・・・女の人が号泣してる・・・。


私もその人のひとつ隣に座る・・・。




勿論、私も号泣してる。。。






右側がワンコゾーン(一応)、左側がニャンコゾーンになってるんだけど、ゲンが今日はたまたまこっちで呼ばれたから、私もそこに座った・・・。




右側は結構混んでて・・・左は女ふたり号泣してるから、後から来た人もみんな右側行っちゃう(^^;)







少ししたら血液検査を終えたゲンが戻って来る。。。


ゲンが尻尾振ってる姿見て・・・私がゲンを抱き締めたら、その女の人は・・・更に泣き出してしまった・・・。




席、替えた方が良いんだろうけれど・・・もうあっちは満杯で座れない。。。





そのままゲンを抱っこして・・・不安な気持ちのまま結果が出るのを待つ。


女の人の元には、猫ちゃんが来ない。




獣医は全部現場に居るから手術中でも無さそう・・・。


きっと・・・見送った所・・・なんだろうな・・・と察する。。。




愛しい子がもう戻らない・・・耐えられないよね・・・。


そう思うと、私もまた涙が零れる。。。





暫らくするとキャリーに入って・・・温かい毛布とタオルに包まれた猫ちゃんが、その女の人の所に帰って来た。。。


ママの所に戻れて良かったね。




でも、もうその温もりに出会えないなんて・・・悲し過ぎる。








ゲンを抱き締めながら結果を待つ。


先生に呼ばれて・・・診察室の中へ。




さっき渡しそびれたレントゲンを渡す。



それをジックリ見てる先生。







いや、もう・・・無理だから・・・早く結果教えてー。涙





そして・・・血液検査の結果、異常なし。


血小板は減ってない。



貧血も起きていない。


炎症も治まってた。







もう言葉が出なくて、ゲンを抱き締めて撫でる。


良かった・・・その言葉が出るまでに・・・時間が掛かっちゃった。。。







そして先生がレントゲンの話を。


レントゲンを見る限り、ヘルニアの所見は無いって。




若干狭くなってる場所があるみたいなんですけれども?と聞くと、「う~~~ん・・・大丈夫だけどなぁ・・・」って。



もし仮に腰が痛いとしても、ただひねっただけでヘルニアじゃないですね、って。






もうWで拍子抜け・・・。(良い意味でね)






「ただ今回は、お腹が痛かったんでしょうね」


「今朝の便の様子を聞いても、ひょっとしてこれから、十二指腸、小腸、大腸と炎症部分が下がって来て、便が緩んだりする可能性はありますね。」


「胃は嘔吐が止まってる段階で大丈夫だと思いますので、このまま腸を保護する薬は今日追加しますね。」






「ありがとうございます。もう・・・お腹も心配だけど・・・再発なんじゃないか?って思って怖くて・・・。本当に良かった・・・。」


と、ここで私も笑顔に。






そしてホッとして冷静になったら、ノーメイクな自分が、どうにもこうにも嫌になり・・・(^^;)

車に乗って鏡見たら、ある意味「あれ?私・・・ブスだと思ってたけど、こんなに酷かったっけ?!?」って言う位ヒドイ顔だった(^^;)爆


泣き腫らして目はブヨブヨだし、顔は土気色だし・・・眉毛無いし・・・目だけ開いてるマスクがあったら良いのに!って真剣に思った。。。



目出し帽じゃ怪しいしね・・・。








だけど、ほんっと~~~~~~~に良かった!!


もう怖くて怖くて・・・。



あ~~~良かった!!!!!!







でも先生から念の為、ここ2週間ぐらいは何気なく身体のチェックして、紫斑が増えないか見て下さいね、何かあったらすぐ連絡を!って言われた。



心の中で、大丈夫ー!!もう鬼の様にチェックするからーーーーーーー!!!と思った。








げんげん~。


病院続きで怖かったね。




よく頑張った!ありがとう。


無理せず、ゆっくり過ごして、体調完全に戻そうね☆

夜間救急3

昨日、ブログをUPしてから旦那帰宅。。。



ゲンは元気無くて、吠える(お帰り祭)事もせずにヨロヨロと旦那の元へ。


旦那が慌てて「こんな状態になってて変じゃない?」って。




「うん・・・。すごく痛いのかな・・・。なんだろう、どうしちゃったんだろう・・・。」なんとなく涙が出る。





ゲンは、そのまま力なくうずくまる。

歩く時も頭を下げたままヨロヨロと。



震えてハァハァとヨダレを垂らす。





食後のせいもあったのかも知れないけれど、本当に具合が悪そう・・・。




旦那が「夜間の病院に行こう!絶対変だよ。こんなになっちゃって・・・」って。

私も頷き、連絡を入れ、予約を取ってから家を出る。




ゲンは車内でもグッタリと元気が無い。


そして病院へ着いてゲンを診て貰う。





お腹を触ると少し痛がるって。


ただ、熱は平熱。




そして背中を触ると嫌がる場所がある。





ヘルニア?

と、先生もジックリ触診。




嫌がるけど、ゲンは元々知らない人に触られるのが苦手だからかも知れない。


キャンって鳴いたりはしないから、どの程度の痛みなのか分らない。




歩かせたら、早く診察室から出たくて、足取りが軽い(^^;)





レントゲンと血液検査をお願いし、待合室で待つ。。。



今日は珍しく満員・・・。


うう、みんなどんな症状で来てるのかは分らないけれど、何でも無いと良いね。





ゲンはすぐに戻って来て、旦那の膝の上(またか!)で、ペッタンコになって伏せてる。




40分ぐらい待って、結果が出たと呼ばれる。


まずは血液検査結果。



白血球数が多い。正常値から少し飛び出してた。

CRP(炎症反応)も、1.4と少し高め。(正常値は0.7以下だったかな)

リパーゼも正常値内だったけれど、高めの数値だった。確か正常値が140以下ぐらいでゲンは124だったかな。。。




先生いわく、ヘルニアなどで炎症反応が出る事は考え難い(免疫系疾患の関節炎とかなら別)から、やはり内臓系のダメージを考える。

レントゲンの結果、ほんの僅かだけれども十二指腸に炎症らしき所見があるから、炎症反応とリパーゼの上昇で考えれば、軽度の膵炎かも知れないとの事。


ただ吐き気も止まってて、フード(夜食べたのが胃にガッツリある)がこれだけ胃の中にあっても戻さないのであれば、現状は食事も与えて大丈夫だろう・・・との事。



お腹を庇う仕草をするし、痛みがあるだろうからと、痛み止めの注射と水分補給の栄養剤注射もしてくれる。





ただ今後、この数値が上がるかも知れないから、要観察。





で、ヘルニアは?となった際、ほんの僅かだけれども、背骨の間隔が狭くなってる所がある。

ここに痛みが出てるのかどうかは今の段階では分らない。


レントゲン時にも色んな体勢取ったり、更に詳しく身体を触ってみたけれど、嫌がる場所が変わるから、ただ単に触られたくないだけかも知れない、って。



仮に今、膵炎の兆候があるのに、強い痛み止めを使用すると、膵炎が悪化する方が怖いので、まずは膵炎の治療をして治ってから、それでも元気が無かったり痛がったらヘルニアも疑ってみたら良いかも・・・と。





そして今日はかかり付け医が休診日(涙)


ゲンの症状が悪化したら、他の病院を受診してね、と言われた。

夜ならここ(救急病院)に来て貰っても大丈夫ですし、と親切な先生だった。








そして今日、今現在まで2回食事を与えた。


朝・・・あまり元気が無かったから、ご飯あげるの躊躇。

10時過ぎに10gを沢山の水分でふやかして薬と一緒にあげる。



朝はペロッと完食。


でもやっぱり元気無いかな・・・。

目は弱々しくないけれど、あまり動かない。



食後、横になるも、なかなか寝れず。

少し震えあり。。。



うーん・・・お腹痛い?大丈夫?(涙)




その後、少しずつウトウトするように。。。


そして14時過ぎに2回目の食事。



今度は20gふやかす。




最初、食べるのを嫌がる。。。


そうか、食べれないか・・・じゃあ下げるか・・・と思うと、やっぱ食べる~って感じで来る。。。




足取りは軽め。


お皿をそのまま置いてあげると結局は完食。




でも喜んで食べては居ないね。。。





そして食後30分以内は、眠らずに伏せの姿勢でグゥゥ・・・と時折唸る。


うーーん、やっぱお腹痛い?涙





その後は今日初めて私の側に来て今、熟睡。


吐き気は薬で抑えられてるのかな?と思って昨日先生に聞いたら、本当に無理な時は薬の力よりも戻す力の方が強いので、薬で抑えられてるなら、それはそれで嘔吐は落ち着いてると思って大丈夫ですよ、って言われた。





今日も今の所、嘔吐無し。

でも、本調子じゃないのは分る。




身体に炎症がある時は水分多く取った方が良いと言われたんだけど、フードをふやかしている水分以外は、自分で飲みに行く事は無い。。。

まぁある程度、水分が取れる様にふやかす時の水分は多く入れてるから、そのせいもあるんだろうけれど。






今、不安なのは、膵炎が辛いのか・・・?他の場所が痛いのか?って事。

うう、どっちも嫌なんだけどさ(涙)





この間の大腸炎の時はゲン自体は元気だったから、回復を待つだけだったけど・・・。


元気無くしちゃうと、他にも原因あるのかな?って疑心暗鬼になっちゃって(>_<)





一昨日の夜まではメッチャ元気に遊んでたのになぁ。。。


早く良くなってね、げん。

嘔吐

今朝ゲンが嘔吐した(>_<)


お腹は緩みやすいけれど、嘔吐は滅多にしないからビックリした。

7時前後で計4回。



これは変だ!


朝ご飯もお水も制限し、朝イチでいつもの病院へ。

向かう最中にもお腹がギュルギュルいってる。




胃腸炎?

朝の便は良い便だったけど・・・でもこの後、下痢も始まるのかな?と思いつつ診察を待つ。




検便検査、問題なし。

ウイルス感染なし。

触診・聴診問題なし。

体中隈なく診て貰うも大丈夫。

熱も無し。

おまけに体重も増えて5.6Kgになってた。



でもなぁ・・・朝吐いて、その後あまり元気も無いし・・・不安。。。

吐き止めの注射と水分&栄養分の注射をして貰って帰宅。





そしたら注射が効いてきたのか、メッチャ元気!

ご飯の催促ずっとしてる(^^;)



そして12時に少しのお水と腸粘膜保護の粉薬をあげる。

嘔吐無し。


なので、お水もお皿に入れて水分制限無くした。




その後ホッとしてゲンと昼寝。


夕方まで爆睡・・・してたら、ふとゲンが居ないのに気付く。





ん?トイレか?

お腹空いてフードBOXの下にでも居るのかな・・・(笑)とか思いながら、ゲンを探す。




あれ?なんかまた元気が無い・・・。


また不安になって、そのまま嘔吐跡が無いか部屋中を探す。




ん。無い。

でも・・・なんか、注射の効き目が無くなったのか、やっぱり胃がムカムカしてるのかな・・・。



お腹のギュルギュルは無くなったけれど、胃が本調子じゃない?

このままもう一度病院へ行こうか迷ったけれど・・・症状が出てないと難しいか?と思って(飼い主主観の元気ない、だし)、取り合えず錠剤の吐き止めを飲ませる。



それすら吐いたら病院行こうと思ったんだけど、取り合えず吐かない。

水飲んでたけれど吐かない。


診察時に、水分摂って吐かなければ、何かが詰まってる可能性はかなり低いと言われたので、緊急性は無いか・・・と判断する。



その後30分ぐらいして、取り合えずいつもの60%ぐらいの食事量でふやかしフードを与えた。




ご飯の支度中、いつものゲン程喜ばない。


ご飯が命の子なのにー(涙)

「ごぁん祭り」が出ない。



だけど、ご飯そのものは喜んで食べた。

今、食後1時間経つけれど吐き戻しは無い。。。




でも、なんか具合悪そう・・・。

食後30分ぐらいは、起き上がってウロウロしたり、お辞儀スタイルになったり、なんとなくお腹付近を気にしてたり・・・。


ただ、食前後でそこまで変化が無いから経過様子見。


どっか気持ち悪いのかなぁ・・・痛いのかなぁ・・・。。。


今は、落ち着いたのか横になってウトウトしてる・・・。






そして、夜の、食事前にしたウンチも良いウンチだった。

今回は下痢は無いみたい。。。




なんなんだろうかー・・・。

可哀想にゲン~(涙)



しかも有得ない(?)事に、さっきなんて抱っこして・・・とよじ登って来た。

家の中でそんな事無いからビックリ!!



甘えてくれて嬉しい♪なんて気分にならず、逆に、えええ・・・抱っこ嫌い(室内では)なのに、どうした?!なんか不安なの?大丈夫けー?!と、心配になる(>_<)


そのままゲンが望むまま抱っこしてあげて、背中を撫でる。。。

少しして満足(?)したのか、ソファーに上がって伏せのスタイルで横になる。



この後、本調子じゃなくて吐くとしたら・・・、まずは食後1~2時間後に吐くかな・・・と思って様子見。


そこで吐かなければ、夜中もしくは明け方かな・・・と。




吐く時ってなんか、そういうリズムな気がする・・・。

今までのゲンの嘔吐って。。。




それが無くてずっと落ち着けば、そのまま治るんだろうけれど・・・。


吐き止めは4日間、処方されている。


それでもまた症状が出たら、詳しく検査して貰って原因を探しましょう、って事になってるし・・・。






なんか最近、大腸炎にもなったし、嘔吐もして・・・

すぐに原因が分らないとストレス、って事になるんだろうけれど、そんなにストレス掛けてるのかなぁ(涙)

ただ、この間の大腸炎の時は、メッチャ元気だったから・・・あまり心配はしなかったけど。。。(夜間救急行ったけどね・笑 血小板減少症が心配で・・・)



でもなぁ・・・今は、仕事も少し減らして、旦那の休みと私の休みを利用して、あまり留守番が無い様にはしてるんだけど・・・




どっちかって言うと、今まであまりそういうの感じさせない子(図太い・笑)だったから・・・。


年齢とかも関係ある?

自分ではゲンはまだまだ若いつもりだけど、もうすぐ6歳。


シニアって程じゃないけれど、中齢期なのかな。。。





寒くなってきたり、寂しかったりすると、それもダメージになるのかなぁ・・・。


う~ん、良く分らん・・・(^^;)




寂しん坊のオジちゃん・・・


なんか響き悪い。笑





早く元気になっておくれ。。。

元気無いと心配だよぅ。涙
プロフィール

げんママ

Author:げんママ
Mダックスのげんです♪

2008.2.28生まれ

若さ溢れない(?)日々を過ごしてます。

好きな言葉は、「ご飯」と「オヤツ」(笑)


お腹が空くと「ごぉはぁ~~ぅうん」と鳴きます。

これを言っても誰も信じません・・・。
でも、言います。笑

そんな食いしん坊主です♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。