スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記風

3月4日(金)

晴れ、強風。






今日は、午後から会社に行きました。



今日も仕事が忙しかったです。







でも、夕方ぐらいに上司が「公家とカッパの戦いゴッコしよう!」と言いました。



嫌だったけど、上司だから断れませんでした。



なので、「はい」と言いました。






上司は「オレが公家だから、き○ちサンはカッパね!」って言いました。



カッパは嫌だったけど、上司だから逆らえませんでした。










上司は紙とナイロンテープでカツラを作り始めました。



出来上がったザンバラ髪のカツラを私に被せました。




とっても嫌でした。


でも上司だから逆らえませんでした。






私にカツラを装着したまま、髪の量を増やしてキャッキャキャッキャ笑ってました。



私はちっとも楽しくありませんでした。




早く外して欲しいと言うと、ずっと被ってろと言いました。



とっても嫌でした。



でも上司なので逆らえませんでした。





暫らく被ってました。




その内、飽きた上司が「オレが公家の面接官で、き○ちサンがバイトの面接の人役ねー!」と言い始めました。



そんな役やりたくありませんでしたが、上司なので逆らえませんでした。





「ドア開けるトコからやってー」とリクエストされました。



みんなの前でやって恥ずかしかったです。




こんな仕事オカシイと思ったけど、言えませんでした。



仕方ないので、素直にやりました。





みんなに笑われました。



上司も笑ってました。






みんなが楽しそうで良かったです・・・。






「じゃー次はカッパの鳴き真似やってー!」と上司に言われました。



そんな真似したくなかったですけど、「クエエエーーーッ!!」と奇声を発してみました。





みんな笑ってました。



楽しそうで良かったです。








その内、電話が鳴りました。


お仕事したいけど、まだ公家ゴッコをやってました。





いい加減飽きました。



でも上司なので逆らえませんでした。







その内、上司は歌い始めました。


自作のラップです。




とっても変でした。



でも、言えませんでした。






私にも歌えと強要します。



嫌だけど歌いました。




変なラップです。






早く上司の帰宅時間になればいいと思いました。





毎週金曜日は、上司の公演が開かれる事が決定しました。



金曜日はシフトに入りたくありません。


でも言えませんでした。









時間が来て、上司が帰りました。



部屋がとっても静かになりました。




これぞ社内!と思いました。








私も帰宅時間になりました。



寒い中、原付で帰りました。




あの変なラップが頭の中で流れてます。



面倒臭いです。








明日も晴れるといいな、と思いました。





おしまい。
スポンサーサイト
プロフィール

げんママ

Author:げんママ
Mダックスのげんです♪

2008.2.28生まれ

若さ溢れない(?)日々を過ごしてます。

好きな言葉は、「ご飯」と「オヤツ」(笑)


お腹が空くと「ごぉはぁ~~ぅうん」と鳴きます。

これを言っても誰も信じません・・・。
でも、言います。笑

そんな食いしん坊主です♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。