スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血小板減少症

ゲンが「免疫介在性血小板減少症」という病気を発症した。


これは自己免疫が、血小板に付いているたんぱく質を、異質な物と捉えて攻撃するんだと、病院の先生に説明を受けた。

11/4(日)に血液検査をして分った。

その段階で血小板は0。通常は20万~50万程度。


血小板は血管が破れた時に一番最初に修復に向かう細胞だと先生に言われた。

なので、もしこの状態で出血を起こしたら血が止まりにくくて、命に関わると。


実際ネットで調べると、虹の橋を渡ってしまった子達も沢山居る。



実は、前日にゲンのお腹に沢山の発疹を発見した。

なんだろ?コレ。すぐに病院へ。

この時は、診断されたのと違う病院へ行って、虫刺されと言われた。



うーん・・・・・・痒がってないし、ボコボコもしてないよ?

内側から出てる感じがするんだけど・・・・・・。



でも、ほら私ってゲンに対してはノイローゼじゃない?笑

当然、気になる時はセカンドオピニオン。

そこでも虫刺されと言われれば安心だし~。


診断に納得出来なければ、サードオピニオンだってするさ。笑



で、いつも行ってる方の病院へGO。


昨日の経緯を話して、その時は正直・・・先生ってば、「ああ、またこの飼い主さんかー。心配性だな~。笑」ぐらいの苦笑で、ゲンを抱き上げお腹を見た・・・・・・瞬間顔色が変わった。



その瞬間から嫌な予感がした。


先生が「虫刺されでは無くて、血液疾患の病気だと思われますので、すぐに検査しますね。」と。

もう目の前真っ暗。

お腹に出来てる赤い発疹は「紫斑」だと言われた。



その後、待合室でゲンが戻るのを待つ。

結構混んでたのに、私がひとりで号泣してるから、気味悪がって誰も側に来ない(^^;)



採血が終わったゲンが戻って来る。

ゲンを抱っこしながら、不安に待つ。



そして、結果が出て・・・診断となった。

でも正直混乱してて、その日は何を言われたのか覚えて無かったし、メモも持って行かなかった。




血液検査の結果、血小板のみ0・・・。

他の成分には異常なし。


出血に気をつけて、出血した時の貧血に気をつけるように言われて自宅へ帰して貰えた。

いいの?入院じゃ無くて?と思ったけど、帰してくれるなら、一緒に帰りたいから何も言わなかった・・・。


最悪ゲンを失うとしても、同じ部屋で看取ってあげたいと思ったから。



その日の治療としては、高容量のステロイド注射と抗生剤注射、胃腸保護注射の3本を打って貰った。




混乱と不安の中、一夜明けた。

翌日も朝一で病院へ。


注射した場所が内出血になっている。

先生が押さえた場所も内出血に。


この状態で針を刺すよりも、内服薬に替えましょう、とステロイド剤(プレドニン5ml)×4粒、免疫抑制剤(アトピカ25ml)、抗生剤、胃腸薬を処方された。



薬の反応が良ければ早々にステロイド剤は切りたいと先生。(まぁそれでも早くて数ヶ月ぐらい?)

私も賛成。


でも免疫抑制剤が効いてくるまでには時間が掛かる。(2週間前後)

ゲンの命を繋げるなら、今は何でもいいから頼りたいのが本音だった。



そして、月曜日は冷静になっていたので、勿論大泣きする事も無く(笑)、先生にグイグイ質問して積極的にメモを取った。


完治する事はない病気だもんね、ゲンが頑張ってる以上負ける訳には行かない!

でも、完治しなくても、寛解状態を維持出来ている子は沢山居る。



この病気の誘発は、ハッキリとは解明されていない。

でも、決して珍しくは無いみたい。。。


それでも経験の無い獣医さんも居るだろうけれど。

今回私はラッキーだった。


セカンドオピニオンに行った先生が同じ病気の子の治療経験が何度もあるから。

大体1回の診察で、この病気と見抜いてくれてるケースは、同じ病気の子のブログを見ても少なかった。


症状として、吐血や血便、血尿なども主に起こるから(ゲンは幸いにも無し)、最初は膵炎を疑われたり、多頭飼いだと喧嘩の痣と思われたり、下痢止め出されて帰されて次はグッタリしちゃったり・・・

もう、見れば見るほど怖くなる(>_<)



時間勝負だから。早期発見出来て良かった。




これからのゲンはワクチンは摂取出来ない。免疫抑制剤飲んでるし、生ワクチンは打てない。

て、言うか誘発原因で多いのが、ワクチン・薬剤(麻酔なども含む)・自己免疫など。



現に先生から一番最初に聞かれたのが「ここ最近3ヶ月以内にワクチン、狂犬病注射受けましたか?」だったしね(^^;)


だけど今思い返せば、ゲンは去勢手術の時に男の子なのに、お腹がすんごい内出血していた・・・。

開腹した訳でもないのに・・・って。


元々血小板少な目なのか?一時的に術後でそうなったのか?それとも麻酔?

でも、その時に発症していたら、どう考えてもこの3年近く何も症状が出ない訳無いから違うか・・・。






そしてまた土曜日(10日)に血液検査するので・・・と言われ、それまで自宅療養。

散歩も普通に軽く行く分には良いですよ、と言われたけれど、月曜日の夜から内腿~お腹に掛けて、かなりの内出血をして大きな紫斑が出来て居たので、土曜日までは一切外出しなかった。



毎日、耳・唇・歯茎・眼球を見て内出血が無いかチェック。

ゲンはかなり迷惑そうにしていたけど(^^;)



それでも4~5日は、とてもダルそうに寝てばかりだった。

起きてる時は「オヤツくれー」って言うだけ(^^;)

勿論、死にそうなグッタリじゃない(そんなんだったら速攻病院)んだけど、本調子じゃないのだけは分った。


大量のステロイド&免疫抑制剤のせいか、内出血していてダルイのか・・・そんなゲンを見ると、とても不安になった。


でも血尿や血便もそれ以降起こる事も無く、今週木曜日辺りからは元気になった!

急に部屋の中を走り出したりして、ヒヤヒヤ(>_<)


しかも薬の副作用で食欲増進!!

元々食が強いのに(笑)、より強力ハイパー腹へり虫になった(^^;)



1日中「なんかくれー。」ってウロウロ。

後は多飲多尿。



ペットシーツの買い置きがどんどん消費されていった(笑)

ま、ずっと家の中居るしね~☆




でも元気が出始めたのが嬉しくて、そんなのどうでも良かった。


ただし、太っちゃいそうだから、1日のフード量の中からオヤツとして分けてあげてるけど☆






そして、10日の土曜日・・・

朝イチで検査へ行った。





結果が出て先生が「数値上がってますね!正常値範囲に戻りました!」って。(感涙)

思わず先生を抱き締めそうだった。笑

でも大きな紫斑があるから、正常値内なので心配は無いけれど、前回に比べて少し貧血になってましたね、と言われた。


だけど、命の危機を脱した事に安堵して、先生にありがとうございます、ありがとうございます!って何度もお礼を言ってから、今後の治療計画を聞いた。


ステロイドは3錠へと減らして、それ以外は一緒。

これでまた来週血液検査。


数値が維持出来れば、また血液検査してステロイド減らして行きます、って。


数値が上がったら、その前の量に戻して・・・ってな感じでやっていくとの事。





色んなブログ見て、すぐに反応してくれてる子も居れば、最初の数週間は上がらない子も居たりしてたから、本当にホッとした。

病院へ向かう道と帰り道、同じ道を通ってるのに・・・帰りは葉っぱが色付いて紅葉が始まってる事に気付いた。



自分がこんなに余裕が無かったんだ・・・と思った。






はじめ・・・ゲンの病状をブログに書こうか・・・すごく迷った。

だけど、私は自分が今回困った時にネットで色々検索して、同じ病気の子から情報を得た。



そこには色んな闘病記があったし、大学病院で検査や手術(脾臓摘出ね)を受ける子・・・など、色々情報と共に、会った事無いワンコ&飼い主さんの頑張りに支えて貰えてた。


このブログだって、誰か検索を掛けてくれてヒットしないとも限らないもんね。

そしたら、今後の治療経過を記せば少しは支える側に回れるかも?




命あるもの、必ずいつかは別れがくるのは分ってるけれど、お互いに悔いが無い様に一緒に過ごしたいのは誰でも一緒だもんね。


ゲンの事を勝手にまだ4歳だから病気するはずないと思って・・・健康に過ごしてくれるもんだと思って・・・傲慢だったなぁ(^^;)


でも今回の事で、健康は当たり前じゃなくて、有難い事なんだから、ゲンも私達も少しでもいい状態で過ごせる様に努力しよう・・・って思った。



ゲンと眠りに付く前に「おやすみ♪また明日☆」って撫でて眠る。

そして、今日を迎えてくれた事に感謝する。



きっと数値はコントロール出来る!と信じて最善を尽くす。

ゲンの為なら何でもしてあげる!って思うけれど、意外と何も出来ないや(^^;)


でも想う気持ちは強いから、それが伝わる様にね♪





ドッグランで毎回遊んでたゲン。

元々そんなに激しくは無いけど、暫らく土日のランは無理だろうなぁ。


平日は奥を借りて、ひっそり遊ばせようかなぁ・・・って(^^)



ゲンはみんなに逢えなくてつまんなそう。

昨日は久しぶりに外へ出れたから、満足してたけど。



毎日ベランダから外を眺めてるよ。

ごめんね、ベランダ・・・石だから、外の景色見れないね(^^;)



でも、外の空気を吸って楽しんでる(^m^)

私は寒いなぁ・・・って思うけど、ちょっと我慢してあげてる~ぅ☆笑
スポンサーサイト
プロフィール

げんママ

Author:げんママ
Mダックスのげんです♪

2008.2.28生まれ

若さ溢れない(?)日々を過ごしてます。

好きな言葉は、「ご飯」と「オヤツ」(笑)


お腹が空くと「ごぉはぁ~~ぅうん」と鳴きます。

これを言っても誰も信じません・・・。
でも、言います。笑

そんな食いしん坊主です♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。